Pandora: Documentation ja: Backup and restore procedures

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

1 バックアップ手順

1.1 目的

このドキュメントの目的は、Pandora FMS 4.1 アプライアンスのバックアップおよびリストア手順の説明です。

1.2 データベースバックアップ

最初に、データベースをバックアップする必要があります。

mysqldump -u <pandora_db_user> -p <pandora_db_name> | gzip > pandoradb.sql.gz
<コンソールでパスワードを入力>

注意: ヒストリデータベースを利用している場合は、それに対しても同様に実行する必要があります。

1.3 設定ファイルバックアップ

Pandora のエージェントおよびサーバの設定ファイルをバックアップするには、次のコマンドを実行します。

tar -pcvzf pandora_configuration.tar.gz /etc/pandora/*.conf

1.4 エージェントバックアップ

エージェントディレクトリもバックアップする必要があります。すでに配布されているコレクションやエージェントプラグインを保存するために重要です。

tar -pcvzf agent.tar.gz /usr/share/pandora_agent

1.5 サーババックアップ

1.5.1 サーバブラグイン

サーバプラグインが置かれているデフォルトディレクトリは、/usr/share/pandora_server (Pandora サーバのメインディレクトリ) です。

注意: 他のディレクトリ内にサーバプラグインがある場合は、それもバックアップする必要があります。

tar -pcvzf pandora_server.tar.gz /usr/share/pandora_server
tar -pcvzf my_plugin_folder.tar.gz /home/myuser/my_plugin_folder

1.5.2 リモート設定

リモートエージェントの動作のために、リモート設定ファイルおよびコレクションのバックアップが必要です。

tar -pcvzf collections.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/collections
tar -pcvzf md5.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/md5
tar -pcvzf remote_agents_conf.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/conf

1.6 コンソールバックアップ

カスタム画像、拡張などを保存するために、コンソールのバックアップを実行します。

tar -pcvzf pandora_console.tar.gz /var/www/html/pandora_console

2 リストア手順

2.1 4.1 アプライアンスのインストール

サーバに CD を入れ起動画面でキーを押します。起動メニューが表示されます。



Centos2.png



"Install (Text mode)" を選択すると、テキストモードでインストールが実行されます。インストールオプションを選択すると、グラフィカルなインストールが開始されます(推奨)。いずれかのオプションを選択し、インストール後、マシンを再起動します。

2.2 データベースリストア

データベースが起動し、Pandora サーバとエージェントが停止していることを確認します。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/mysqld start
Starting mysqld: [ OK ]
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_server stop
Stopping Pandora FMS Server
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon stop
Stopping Pandora Agent.

その後、データベースをリストアします。

[root@localhost ~]# gunzip pandora.sql.gz
[root@localhost ~]# cat pandoradb.sql | mysql -u root -p pandora
Enter password: <enter the password in console>

注意: ヒストリデータベースを使っている場合は、それも同様にリストアします。

2.3 設定ファイルリストア

最初に、エージェントおよびサーバ設定ファイルをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_configuration.tar.gz -C /

2.4 エージェントリストア

エージェントディレクトリのリストアを実行します。

[root@localhost ~]# tar -zxvf agent.tar.gz -C /

2.5 サーバリストア

2.5.1 サーバプラグイン

pandora server のメインのディレクトリおよび、プラグインの入ったディレクトリをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_server.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf my_plugin_folder.tar.gz -C /

2.5.2 リモート設定

リモートエージェントが正しく動作するために、リモート設定ファイルおよびコレクションファイルをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf collections.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf md5.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf remote_agents_conf.tar.gz -C /

2.6 コンソールリストア

カスタム画像や拡張などを含め、コンソールのリストアを行います。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_console.tar.gz -C /

2.7 Pandora FMS サーバおよびエージェントの起動

最後に、Pandora FMS サーバとエージェントを起動します。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_server start
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon start

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る