Pandora: Metaconsole: Documentation ja: Glossary

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

1 メタコンソールの用語集

1.1 基本および拡張アクセス

ユーザに与えられる、モジュールコンポーネントおよびアラートへのアクセス権。

基本アクセスのユーザは、このレベルのコンポーネントとアラートのみ利用可能です。

拡張アクセスのユーザは、任意のレベルのコンポーネントとアラートを利用可能です。

言い換えると、拡張コンポーネントタイプは、基本タイプよりもより多くの設定が可能です。

  • 名前を変更することができます。
  • アラートでアクション設定を表示します。基本タイプでは、デフォルトのアクションでアラートが作成されます。
  • 編集において次のような多くのフィールドが表示されます: 拡張フィールドの例としてユニット数、ローカルコンポーネントやネットワークプラグインでは、マクロに対応したフィールドなど

1.2 コンポーネント

コンポーネントは、モジュールを作成するためのテンプレートです。

次のようなものがあります。

  • ローカル
  • ネットワーク
    • ネットワークタイプ
    • プラグインタイプ
    • WMIタイプ

1.3 インスタンス

メタコンソールからアクセスできるように設定した、通常にインストールされた Pandora FMS です。オプションで、イベントをメタコンソールへ複製できます。

1.4 メタコンソール

インスタンスからのエージェント、モジュール、アラートを集約する特別なインストールをした Pandora FMS です。

メタコンソールは、それ自身のデータとして次のデータも保存します。

  • インスタンスから取得したデータを、レポート、ネットワークマップ、Netflow の表示のために利用する設定
  • メタコンソールで作成および保存されたユーザ、グループ、コンポーネント、アラートの設定。これらはインスタンスへ同期されます。

1.5 ウィザード

モジュール作成のためのアシスタントです。

モジュールコンポーネントおよびアラートテンプレートを使って、簡単に透過的にインスタンス内に異なるタイプのモジュールを作成することができます。ウィザードでは、それぞれのインスタンスは区別されていません。同一のソースからのものであれば、すべてのエージェントおよびモジュールがまとめて表示されます。

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る