Pandora: Pandora Upgrade JA

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search

1 Pandora FMS ISO バージョンの 5.1 から 6.0 へのアップデートクイックガイド

1.1 はじめに

Pandora FMS は 3つのパーツで構成されていることを理解する必要があります。

- Pandora FMS コンソール

- Pandora FMS サーバ

- データベース

マイナーアップデートではデータベースをアップデートする必要はありません。たとえば 5.1 SP2 から 5.1 SP3 では、データベースに対する対応は特にありません。このような場合はコンソールとサーバパッケージのみをアップデートします。

1.2 アップグレードの前に

全コンポーネントのアップデートの前に、重要なものをバックアップする必要があります。この場合、データベース、サーバの設定ファイル、コンソールです。この例では、/home/artica/Backup ディレクトリに全ファイルを保存します。

[[email protected] ~]# rpm -qa | grep pandora
pandorafms_console_enterprise-5.1SP3-1.noarch
pandorafms_server-5.1SP3-1.noarch
pandorafms_console-5.1SP3-1.noarch
[[email protected] ~]# mkdir /home/artica/Backup
[[email protected] ~]# mysqldump -uroot -ppandora pandora > /home/artica/Backup/backupsp4.sql
[[email protected] ~]# cp -R /var/www/html/pandora_console/ /home/artica/Backup/
[[email protected] ~]# cp /etc/pandora/pandora_server.conf /home/artica/Backup/


バックアップが完了したら、pandora サーバと tentacle サーバを停止します。

[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_server stop
[[email protected] ~]# /etc/init.d/tentacle_serverd stop

1.3 コンソールのアップグレード

Template warning.png

Enterprise版をご利用の方は、アップデートの前に新しいバージョン 6 のライセンスを入手してください。

 


コンソールをアップデートするには、インストールされている rpm パッケージをアップグレードする必要があります。これには次のようなコマンドを使います。

[[email protected] tmp]# rpm -U --force pandorafms_console-6.0-1.noarch.rpm pandorafms_console_enterprise-6.0-1.noarch.rpm 

オープンソース版の場合、pandorafms_console-6.0-1.noarch.rpm パッケージのみをアップデートします。これは、Sourceforge からダウンロードできます。

Enterprise 版を利用している場合は、Enterprise 版のパッケージは Artica (日本においてはアールワークス)のサポートページからダウンロードすることができます。

古い "アップデートマネージャ" を削除する必要があります。削除対象は、<pandora_console>/extensions/update_manager.php のファイルと <pandora_console>/extensiones/update_manager/ ディレクトリです。

Pandora FMS Enterprise のコンソールで新たに必要となるファイル (perl-Net-Telnet) もインストールする必要があります。インストールしていない場合は、アップデート時にわかります。

yum install perl-Net-Telnet

1.4 データベースのアップグレード

バージョン 5.1 から 6.0 など、メジャーバージョンのアップグレードの場合は、データベーススキーマもアップデートする必要があります。インストールした新たなバージョンのコンソールに、マイグレーションスクリプトがあります。

これを行うには、次のコマンドを実行します。

オープンソース版のアップグレード:

[[email protected] tmp]# cat /var/www/html/pandora_console/extras/pandoradb_migrate_5.1.x_to_6.0.mysql.sql | mysql -uroot -ppandora -D pandora


Enterprise版のアップグレード:

[[email protected] tmp]# cat /var/www/html/pandora_console/extras/pandoradb_migrate_5.1.x_to_6.0.mysql.sql | mysql -uroot -ppandora -D pandora
[[email protected] tmp]# cat /var/www/html/pandora_console/enterprise/pandoradb_migrate_v5.1.x_to_v6.0.mysql.sql | mysql -uroot -ppandora -D pandora

これらのマイグレーションスクリプトを実行したあとは、データベースがアップデートされバージョン 6.0 で利用可能な状態になります。

1.5 サーバのアップグレード

コンソールとデータベースをアップデートしたら、最後はサーバのアップグレードです。

オープンソース版では、以前のバージョンのアップデートを行います。Sourceforge から適切なパッケージをダウンロードし、次のようにアップデートします。

[[email protected] tmp]# rpm -U --force pandorafms_server-6.0-1.noarch.rpm 

Enterprise版では、Enterprise パッケージがこのバージョン以降変更されており、バイナリでインストールされます。最初に現在の Enterprise パッケージをアンインストールします。

[[email protected] tmp]# rpm -e pandorafms_server_enterprise

オープンソースパッケージをアップデートしたあとに、Enterprise をインストールします。

[[email protected] tmp]# rpm -U --force pandorafms_server-6.0-1.noarch.rpm 
An existing version of pandora_server.conf is found.
Don't forget to start Tentacle Server daemon if you want to receive
data using tentacle
[[email protected] tmp]# tar -xvzf pandorafms_server_enterprise_6.0_x86.tar.gz 
pandora_server/pandora_server
pandora_server/pandora_server_installer
pandora_server/PandoraFMS-Enterprise/bin/braa
pandora_server/PandoraFMS-Enterprise/bin/pandora_db
pandora_server/PandoraFMS-Enterprise/bin/braa
pandora_server/PandoraFMS-Enterprise/bin/pandora_manage
pandora_server/README
[[email protected] tmp]# cd pandora_server/
[[email protected] pandora_server]# ./pandora_server_installer --install
Pandora FMS Server Enterprise installer for GENERIC. (c) 2014 Artica ST.


>Installing the Pandora FMS Server Enterprise binary to /usr/bin...
>Installing the pandora_db binary to /usr/bin...
>Installing the pandora_manage binary to /usr/bin...
>Installing the braa binary to /usr/bin...
>Adding pandora_db to the crontab... 

Restart Pandora FMS Server.

パッケージがインストールされ、アップデート後はシステムに次のパッケージが入った状態となります。

[[email protected] pandora_server]# rpm -qa | grep pandora
pandorafms_server-6.0-1.noarch
pandorafms_console-6.0-1.noarch
pandorafms_console_enterprise-6.0-1.noarch

停止していたサービスを再起動します。

[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_server start

Pandora FMS Server 6.0 Build 151020 Copyright (c) 2004-2014 ArticaST
This program is OpenSource, licensed under the terms of GPL License version 2.
You can download latest versions and documentation at http://www.pandorafms.org  

[*] Backgrounding Pandora FMS Server process.

Pandora Server is now running with PID 8407

[[email protected] ~]# /etc/init.d/tentacle_serverd start


Template warning.png

mysql socket がインストールされていない場合は、/etc/pandora/pandora_server.conf を編集し、dbhost パラメータを localhost ではなく、127.0.0.1 に書き換える必要があります。