Pandora: QIG: SUSE11.3 JA

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search

1 概要

SUSE 11.3 を利用しており、インタネットに接続されていて zypper が使えると仮定します。また、MySQL サーバを同じサーバで動作させるとします。もし、MySQL を他のサーバにインストールする場合は、ローカルへの mysql サーバのインストールステップを省略してください。

2 ソフトウエアの入手

2.1 OS のリポジトリに無いパッケージ

sourceforge の Pandora FMS ファイルセクションに置いてあります。以下のファイルを wget で取得します。

wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/php-pear-db-1.7.14RC1-0.noarch.rpm/download
wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/perl-net-traceroute-1.10-0.noarch.rpm/download
wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/perl-net-traceroute-pureperl-0.10-0.noarch.rpm/download
wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/perl-time-format-1.11-0.noarch.rpm/download
wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/php-pear-xml_rpc-1.5.1-0.noarch.rpm/download
wget http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%203.1/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20SUSE/xprobe2-0.3-11.1.i586.rpm/download

2.2 Pandora FMS の公式パッケージの入手

現時点の公式バージョンは、6.0 SP4 (2017年1月) です。

wget https://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%206.0/SP4Final/SUSE/pandorafms_server-6.0SP4-1.noarch.rpm/download
wget https://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%206.0/SP4Final/SUSE/pandorafms_console-6.0SP4-1.noarch.rpm/download
wget https://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%206.0/SP4Final/SUSE/pandorafms_agent_unix-6.0SP4-1.noarch.rpm/download

2.3 Zypper での依存パッケージのインストール

次のファイルが必要です。

# | Alias                 | Nombre                | Activado | Actualizar
--+-----------------------+-----------------------+----------+-----------
1 | Contrib_Factory_11.3  | Contrib_Factory_11.3  | Si       | Si        
2 | Packman_11.3          | Packman_11.3          | Si       | Si        
3 | openSUSE_11.3_OSS     | openSUSE_11.3_OSS     | Si       | Si        
4 | openSUSE_11.3_Updates | openSUSE_11.3_Updates | Si       | Si       

次のように、1行で依存パッケージをインストールします。

zypper install apache2-mod_php5 php5-gd php5-snmp php5-pear php5-json php5-gettext php5-mysql \
php5-ldap php5-mbstring php5 graphviz xorg-x11-fonts-core php5-pear-db php-pear-xml_rpc apache2 \
xprobe2 sudo nmap wmic net-snmp perl-NetAddr-IP perl-time-format perl-time-format perl-DBD-mysql \
perl-DBI perl-Mail-Sendmail mysql-community-server php5-zip perl-HTML-Tree perl-XML-SAX iputils

2.4 手動での依存パッケージのインストール

前もって wget で取得した RPM パッケージを次のようにインストールします。

rpm -i php-pear-db-1.7.14RC1-0.noarch.rpm php-pear-xml_rpc-1.5.1-0.noarch.rpm xprobe2-0.3-11.1.i586.rpm \
perl-time-format-1.11-0.noarch.rpm perl-net-traceroute-pureperl-0.10-0.noarch.rpm perl-net-traceroute-1.10-0.noarch.rpm

xprobe のインストール時に次のようなエラーが出た場合は、

error: Error de dependencias: libpcap.so.0 se necesita para xprobe2-0.3-11.1.i586

無視して --nodeps オプションを指定してインストールしてください。

rpm -i --nodeps php-pear-db-1.7.14RC1-0.noarch.rpm php-pear-xml_rpc-1.5.1-0.noarch.rpm xprobe2-0.3-11.1.i586.rpm \
perl-time-format-1.11-0.noarch.rpm perl-net-traceroute-pureperl-0.10-0.noarch.rpm perl-net-traceroute-1.10-0.noarch.rpm

libpcap のライブラリのリンクを作成します。

ln -s /usr/lib/libpcap.so.1 /usr/lib/libpcap.so.0

バージョンにより、いくつかのライブラリを移動させる必要があります。(今後のパッケージでは修正する予定です)

mv /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.10.0/Net/Traceroute* /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.12.1/Net
mv /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.10.0/Time /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.12.1/

これにより、インストールされている perl のバージョンの依存関係を変更することができます。これは、2010年9月からの 11.3 向けの例です。

2.5 Pandora FMS パッケージのインストール

最初にサーバパッケージをインストールします。

rpm -i pandorafms_server-3.2dev-1.noarch.rpm 
Pandora FMS Server configuration is /etc/pandora/pandora_server.conf
Pandora FMS Server main directory is /usr/share/pandora_server/
The manual can be reached at: man pandora or man pandora_server
Pandora FMS Documentation is in: http://pandorafms.org
 
tentacle を使ってデータを受信したい場合は、Tetacle サーバデーモンを起動することを忘れないようにしてください。

次に、コンソールパッケージをインストールします。

バージョン名の問題により php5-pear-db が検索されますが、php-pear-db がインストール済です。これらは同じですので、次のように強制的に実行します。

rpm -i --nodeps pandorafms_console-3.2dev-1.noarch.rpm 
Please, now, point your browser to http://your_IP_address/pandora_console/install.php and follow all the steps described on it.

最後に、ローカルエージェントパッケージを入れます。

rpm -i pandorafms_agent_unix-3.2dev-1.noarch.rpm 
useradd: Account `pandora' already exists.

2.6 Pandora FMS の設定

もし起動していないようであれば、mysql を起動させます。

/etc/init.d/mysql start

mysql の root パスワードを設定します。

mysqladmin password none

これにより、MySQL の root ユーザのパスワードが "none" に設定されます。システムの root パスワードと同じにしないようにしてください。

apache ウェブサーバを起動します。

/etc/init.d/apache2 start

インストールしたシステムの IP アドレスを確認します。

ifconfig -a

ブラウザにて http://サーバのIPアドレス/pandora_console/install.php にアクセスし、各ステップを実行します。

インストールが完了したら、生成された設定ファイルから、パスワードを取得します。

cat /srv/www/htdocs/pandora_console/include/config.php | grep "DB Pass"

/etc/pandora/pandora_server.conf を編集し、上記のステップで config.php から取得したパスワードを dbpass 変数に設定します。

# dbpass: Database password

dbpass qyrjqnzc

http://サーバのIPアドレス/pandora_console にアクセスし、ユーザ "admin" パスワード "pandora" でログインします。コンソールは以上で完了です。

root のコンソールにて、Pandora FMS サーバを起動します。

/etc/init.d/pandora_server start

2.7 完了

すべてが完了です。Pandora FMS の利用方法はドキュメントを確認してください。